注目キーワード
  1. 楽天
  2. M1 MacBook
  3. YouTube
  4. AirPods
  5. ゲーム

【ahamo対抗】ソフトバンクモバイル+LINEの新ブランド発表

2020年12月22日、ソフトバンクモバイルが新ブランドの「SofBank on LINE」を発表した。2021年3月にサービス提供開始予定。名称は仮称っぽい。

そしてLINEモバイル株式会社ソフトバンク株式会社に吸収合併される形となる。docomoの新プラン「ahamo」の登場で他のMNOやMVNOの立場が大きく揺らいでいるのが顕著に表れてしまった一例だろう。ahamo(と菅総理)の業界破壊力が凄まじい。

ちなみにLINEモバイルは2021年3月で新規の受付を終了することを発表している。既存契約者は引き続き現在の契約内容でサービスを利用できるとのことだが、いずれサービス終了となる可能性は高いので次の契約先を考えておいた方が良さそうだ。

この新ブランド「SoftBank on LINE」のメインとなるプランは「LINEがギガノーカウント」という謎ネーミングで、月額2,980円で20GBの通信容量を使用可能で、LINEアプリがデータ容量を使用せずに使い放題だそうだ(無料となる内容については後日発表するとのこと)。5Gにも対応し、国内通話に関しては5分以内であれば何度でも無料

ちなみにdocomoの新プランであるahamoとのサービス内容の差異として、ahamoは国際ローミングにも無料で対応している点が強みとなり、「SoftBank on LINE」の「LINEがギガノーカウント」はLINE使い放題という利点がある。海外に行く事がある人はahamoが便利で、LINEアプリをよく使う人にとってはLINEがギガノーカウントが便利といった感じか。

というか後出しジャンケン感がスゴい。さすがソフトバンク!おれたちにできない事を平然とやってのけるっ そこにシビれる!あこがれるゥ!

従来のソフトバンクブランドの「メリハリ無制限」プランは月額6,580円で通信容量無制限でサービスを提供するし、ワイモバイルブランドとしては容量毎に3つのプランから選べるので、Softbank on LINEと合わせても多様な選択肢と言える…と思う。

また、LINEを使用して様々な手続きが出来るようにする予定とのことで、この辺はLINE利用者にとっては手軽に手続きを行うことが出来るので便利なのではないだろうか。

これを機に「オンラインでの手続きが当たり前」という流れが定着していってくれれば無駄なお金が動かずに便利な世の中になると思うんだけど、小難しいことに疎いお年寄りにとっては若干辛い所ではある。

しかしそこは手厚いサポートを行ってくれるオプションとかをつければ何とかなりそうな感じだけども…


自社ブランドのワイモバイルとも競合しそうではあるけど、ahamoに対抗するにはこうするしか無かった感がスゴい。AUはどう対抗してくるのか、引き続き注視していきたい。

ちなみに今日気づいたんだけど、ahamoへの先行エントリーキャンペーンとして、条件を満たすことでdポイント3000ポイントが獲得できるそうだ(↑画像)。先行エントリーサイトはこちら

最後までご覧いただき、ありがとうございます。