注目キーワード
  1. 楽天
  2. M1 MacBook
  3. YouTube
  4. AirPods
  5. ゲーム

【アニメ】『Re:ゼロから始める異世界生活』を初めてみた感想

ちょっとしたネタバレあり!!!

 

ここ数日ブログの更新をしていませんでしたが、『Re:ゼロから始める異世界生活』を全話イッキ見していました。

面白いと聞いてはいたのですが、実際に見始めると、1話目からハマってしまった結果に昼夜問わず観続けてしまい、最終的には2シーズンを全て観てしまいました…

昨今の流行りで数多くある『異世界モノ』とは一線を画す様な、とても面白い作品だと思います。

↓Amazon Prime Videoで全話放送中です(2022/2/21現在)

Re:ゼロから始める異世界生活 1st Season

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season

タイトルに騙されるな!

視聴前はタイトルから想像するに、「異世界のファンタジー世界で無双をしつつも、ほのぼの生活する物語」と勝手に思っていましたが、すぐにその認識は覆されます。

剣も魔法もある「異世界」ではありますが、「生活」という感じのゆるい面はむしろ少ないです。最初に思ったのは『異世界ミステリー』でした。

ゆるい場面もありますが、一転して緊迫した場面に移り変わり、その状態を解決するまでは繰り返し苦しむ事になる…といった流れで、決して気軽に見れる様な作品ではありません。
(グロ描写もあるし…)

というのも、リゼロの主人公は基本的には無力な一般人です。その場を覆す様な特殊能力は何もありません。
ただ一つ特異な現象を引き起こす事ができ、それは「死に戻り」です。

そんな「能力」と言って良いかわからないモノを抱えた主人公が、次々に降りかかる困難に立ち向かう様な流れの作品です。

なので、『異世界モノ』というよりも『タイムリープモノ』の感じが強く、私としては『シュタインズゲート』と同じ様な感覚を覚えました。
どちらの作品も主人公自体には大きい力は無いものの「過去に戻ってやり直し」をしながら「まわりの人の力を借りて困難を乗り越える」という点では一緒なのかなぁと。

「死し戻り」は憧れの「セーブ&ロード」ではない

「死に戻り」は現象としてはとくあるゲームの「セーブ&ロード」の様なもので、主人公が死ぬと記憶を保持したまま一定時間前に戻るという現象となっています。

軽く考えると「セーブ&ロードが出来れば最強じゃん!」と思うかもしれませんが、その文字通り「死んで」から「戻る」現象なので、死ぬ前の痛みや恐怖は蓄積していってしまう為に、物理的にはノーダメージでも精神的なダメージは相当なモノです。

腹を掻っ捌かれたり、高速の鉄球をぶつけられたり、多数の兎に噛み殺されたり…常人であれば廃人になってもおかしくない様な精神状態となってしまうのでは無いでしょうか。

また、復活地点は自動更新です。主人公が助けたいと思った人物を助ける為には、なるべく早い段階での自死を選ぶ必要があるのですが…死ぬのには相当な決意が必要です。

原作小説は未だに続いている

アニメ版は2021年に第2シーズンを終えたところなのですが、視聴していて感じたのはまだまだ続きがあるだろうという点。

実際に調べてみたのですが(Wikipedia)、アニメ版の第2シーズンのラスト=小説の第4章が終わった段階の様です。

そして小説版は現在第6章まで続いています。

つまり、少なくとももう1シーズン分はアニメが作れるだろうし、実際に多くの解決していない問題や謎、伏線の様なモノが残っています。

また、外伝も多く出版しているので、「リゼロ」に纏わる作品はこれからもたくさん楽しめる事でしょう。


というわけで、めちゃくちゃ面白かったのでついつい記事にしてしまいました。

小説版も買ってしまおうかと思うくらい面白かったです。

可愛いキャラクターも多いし、映像も綺麗だし、目の離せない展開が多くてついつい最後まで見てしまいました…

第2シーズン途中からはちょっとスピードダウンした感じで、回想シーン等が多かった感じもありましたが、第2シーズン最終話で全てチャラになった感じがします。