注目キーワード
  1. 楽天
  2. M1 MacBook
  3. YouTube
  4. AirPods
  5. ゲーム

【楽天改悪】楽天銀行もSPUの条件が変更!2022年7月から2種類へ分割!上限も減少!

なんかもう、尽きることのない楽天市場の改悪なのですが、今回は楽天銀行にスポットライトが当たってしまいました…

内容としては上記画像のとおりで、

変更前:楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引落をすると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+1倍

変更後:楽天銀行の口座で楽天カード利用代金の引落をすると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+0.5倍

さらに楽天銀行で給与・賞与・年金*を受取ると楽天市場での楽天カードお支払い分がポイント+0.5倍

合計最大+1倍!

※給与・賞与のお受取は、「給与振込」の電文で振込をされているものを給与受取として判定します。銀行間での取り決めによる資金振込時の入金方法(「通常の振込」と「給与振込」等)が「給与振込」でないものは、給与・賞与の受取と認識ができかねます。

※ハッピープログラムへのエントリー(楽天会員リンク登録)が必要となります。

引用元:https://www.rakuten-bank.co.jp/campaign/spu/?scid=wi_ich_spu_sputop_pc

上記は7月1日から適用となる様です…

うっ…吐き気が…

今までの楽天銀行SPUに関しては1%から0.5%の還元率へ

今までは楽天カードで購入した商品の代金を楽天銀行から引き落とすことで1%の還元だったのですが、

還元率が0.5%へと変更になりました。

追加条件:給与等の振込先を楽天銀行に設定することで+0.5%

そこから更に追加で給与等の振込がされた場合に+0.5%となります。

今まで給与等を楽天銀行に設定していた人にとっては何も問題ありませんが、そうでない人にとっては改悪です。

上限は最大15000ポイントから一律5000ポイントへ減少!

更に改悪があり、ポイント獲得上限が減少することです。

最大15000ポイント獲得できていたポイントが、一律5000ポイントへとなります。

ちなみに変更前の還元率1%で15000ポイント獲得するとなると、税抜150万円までのお買い物に対して1%分のポイントが付与されるのですが、

変更後の還元率1%設定で5000ポイント獲得するとなると、税抜50万円までのお買い物に対して1%分のポイントが付与されます。

変更後の還元率0.5%設定で5000ポイント獲得するとなると、税抜100万円までのお買い物に対して0.5%分のポイントが付与される形ですね。


ちなみに私の給料に関しては振込先を楽天銀行に設定できないので、純粋に-0.5%を受け入れるしかありません。
チックショー!!

なんかもう…つらたん(´・ω・`)